浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

SBI証券で株式取引手数料が無料化か!?

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20171216211524j:plain

浪費家ナッツです。こんにちは。

 

一昔前、新聞や雑誌で「~~か!?」というタイトルに踊らされて、ついつい購入してしまったことありませんか?号外がうたれるレベルの記事だったらともかく、誤報も多かったりして、その時の悔しさだけが今でも忘れられません。

 

さて、本記事のタイトルはどうかというと、本当の話です。といっても条件付きとなっています。

 

第一報を目にしたのは日経新聞電子版でした。タイトル詐欺でないか心配しながらも記事を見ると、本当であれば朗報となる内容。早速SBI証券のサイトを確認してしまいました。

<東証>SBIが安い SBI証券、少額取引の手数料無料に :日本経済新聞

 

 

SBI証券からのお知らせ

SBI証券の発表によると「アクティブプラン」で、1日10万円までの取引手数料が完全無料になるとのこと。もう少し詳しく見ていきたいと思います。

【9/4(月)から!】 国内株式(アクティブプラン)の手数料を大幅に引き下げ!

 

大幅値下げ条件

開始日 9月4日(月)約定分~
対象プラン アクティブプラン
値下げ条件 1日の約定代金合計が10万円以下
値下げ後手数料 0円
備考 単元未満株(S株)は対象外です。

 

アクティブプランとは、通常の注文1件ごとに手数料が決まる物とは異なり、1日の約定代金合計で手数料が決まるプランです。

 

SBI証券で口座開設以降なにもしていない場合は、"スタンダードプラン"という1注文毎に取引手数料が決まるプランになっています。このため今回の値引きを適用したい場合はプラン変更手続きが必要です。

 

また、手数料プラン変更は1日に1回。反映されるまで1日程度かかりますので注意が必要です。

 

 

2017年8月28日追記

本記事は、8月31日から開始に前倒しされています。詳しくはこちらをご確認ください。

www.mixnats.com

 

 

変更後の手数料比較

f:id:mixnats:20170818143110p:plain

 引用元

SBI証券―ネット証券最大手の証券会社

※8月18日時点の手数料リストです。

 

 

まとめ

最近、投資信託の信託報酬値下げや低信託報酬版の新規設定、またSBI証券では米国株式取引手数料値下げなどとは異なり放置されていた感のある国内株式でしたが、ホットなニュースが登場しました。

 

SBI証券のアクティブプランの場合、内容によってはスタンダードプランに比べて手数料が高くなりますので、取引内容とプラン毎の手数料と相談の上、適宜お得なプランを選択して売買するのが良さそうです。

 

 一方でETFの積立はやりやすくなりそうですね。ありがたいことです。