浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

国内株式取引手数料を大幅値下げ!楽天証券から一足早いクリスマスプレゼント!

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20171029170930j:plain

 浪費家ナッツです。おはようございます。

 

楽天証券から、一足早いクリスマスプレゼントの発表がありました。超割コースの国内株式手数料が業界最低水準に値下げとなりました。値下げ率は、なんと最大64%!

 

【リライト】本記事は2018年1月に更新を行っています。

 

国内株式手数料の変更点

1.手数料の区分に新たに「5万円まで」を追加

2.50万円以下の取引手数料が最大64%OFF

3.大口優遇を受けている場合、5万円まで、10万円までの手数料は0円

※現物取引手数料です。()内は税込み金額

 

f:id:mixnats:20171121201106p:plain

引用:楽天証券

注意:手数料コースが超割コース以外の場合、コース変更手続きが必要

 

 

主要ネット証券との比較

今回の新手数料を他の主要ネット証券(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券)と比較した表です。取引金額が50万円以下において最安となりました。

 

特に、取引金額5万円以下、10万円以上20万円以下では、従来最安であった「カブドットコム」証券の約半額と驚異の値下げです。

f:id:mixnats:20171121201128p:plain

引用:楽天証券

 

 

雑感

ネット証券のバトルというと、SBI証券vs楽天証券が有名です。今年夏頃には1日定額の手数料コースで、SBI証券がしかけ楽天証券が応じました。

 

今回は、楽天証券からの挑発にSBI証券はどう応えるのでしょうか?注目ですね。

 

 

 

関連記事

本記事に関連する記事です。よろしければこちらもどうぞ。

 

SBI証券も負けじと国内株式手数料の値下げを行っています。楽天証券、SBI証券の競争により投資環境がどんどん良くなっていきますね。

www.mixnats.com

 

 

楽天証券は、国内株式手数料の値下げだけではなく、米国株式・ETFの取引手数料も大幅値下げを行っています。

www.mixnats.com

 

ネット証券3社(楽天証券、SBI証券、マネックス証券)の米国株式・ETFの取引手数料、取扱銘柄、注文方法等の比較を行った記事です。

www.mixnats.com