浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

格安SIMか大手キャリアか、それが問題だ【その3】

スポンサーリンク

浪費家ナッツです。おはようございます。

 

私が初めてスマホを購入してから、もうすぐ2年。現在使用しているiPhone6sは健在ですが、2年を境にキャリアの月額が上がってしまいます。(本体の値引き分)。

 

これを期にスマホ購入、回線の見直しを検討していますが、色々目移りしてしまうので、一度条件を洗い出し、次の手を考えようという企画です。今回は3回目。

 

 

 

前回まで、スマホ本体の価格比較、機種選定を行ってきました。結果として、iOSであればiPhone8 64GB、AndroidであればHuawei P10 liteを選択しました。今回は、回線の選択をしていきたいと思います。

 

 

予算/条件

通信費の上限は、3,000円/月
必要な通信量は2GB以上。現状、1GB/月使う程度。
通話はあまりしないので、都度課金でも問題なし。
機種代は別でもOK。現在のiPhone6sを流用も可。

 

 

 

MNO/MVMO候補

まずは、MNO/MVMOの選択から。現在利用しているNTTドコモを始めとして、人気、ブランド、料金で選択してみました。

 

・NTTドコモ

候補1は、現在利用しているNTTドコモ。MNOならではの通信速度、携帯払いなどが選択したいポイント。契約変更の手間が少ないのもメリット。でも高い。

 

・楽天モバイル

候補2は、MVMO人気No.1と評される楽天モバイル。楽天モバイルを利用すると、楽天市場での買い物時のポイントが+1%される様子。付与されたポイントが使いやすいのもメリットですね。

 

・UQモバイル

候補3は、auのセカンドブランドのUQモバイル。楽天モバイルやY!mobile同様にシンプルな料金プラン、月額もお手頃。セカンドブランドのメリットを生かして価格の割に通信速度も速いらしい

 

・DMMモバイル

最後は、DMMモバイル。他3社に比べて圧倒的に安い価格がポイント。選択可能なプランが豊富なので、自分にぴったりなプランを見つけやすい。

 

 

 

比較方法

今回は各社の月額を以下のパターンで比較したいと思います。通話料金や通信量は、予算/条件に近いものを選択。都合上、NTTドコモは機種変更、他社はMNPでのキャンペーンや手数料で考えていきます。

 

現在使用しているスマホがiPhone6sなので、下取りも考慮していきます。なお、記載する下取り価格は買取り上限です。また、値引き等を含める場合は使用料に入れています。税別です。

 

①値引きなしの総額
②値引き・キャンペーン込み総額
③下取り込みの価格

 

NTTドコモ(機種変更)

■月額使用料
・カケホーダイライトプラン(5分話放題) 1,700円
・データSパック(2GB) 3,500円
・Spモード 300円
合計 5,500円

※2年の定期契約あり

 

■スマホ

iPhone8 64GB 82,200円

 

■値引き/手数料

月々サポート合計 52,800円(2,200円/月)

 

■下取りプログラム

24,600円(2017年12月1日~1月9日まで)

 

■料金合計

①本体:82,200円 / 使用料:132,000円 / 総計:214,200円(5,500円/月)
②本体:82,200円 / 使用料:79,200円 / 総額:161,400円(3,300円/月)
③本体:82,200円 / 使用料:54,600円 / 総額:136,800円(2,275円/月)
()内は、使用料÷24ヶ月

 

 

楽天モバイル(MNP/長期割り適用しない)

■月額使用料

プランS(5分間話放題 + 2GB) 2,980円

 

■スマホ

Phone8 64GB 78,800円(apple)
Huawei p10 lite 29,980円(楽天)

 

■値引き/手数料

1年目1,000引き:12,000円
MNP手数料/事務契約手数料:5,000円
2,100円割引キャンペーン(Huawei p10 liteのみ。期間未定)

 

■買取り

23,000円(Sofmap 12月中旬調べ)

 

■料金合計(iPhone8)

①本体:78,800円 / 使用料:71,520円 / 総額:150,320円(2,980円/月)
②本体:78,800円 / 使用料:64,520円 / 総額:143,320円(2,679円/月)
③本体:78,800円 / 使用料:41,520円 / 総額:120,320円(1,730円/月)

 

■料金合計(Huawei P10 lite)

①本体:29,800円 / 使用料:71,520円 / 総額:101,320円(2,980円/月)
②本体:29,800円 / 使用料:62,420円 / 総額:92,220円(2,601円/月)
③本体:29,800円 / 使用料:39,420円 / 総額:69,220円(1,643円/月)

 

■特記事項

長期契約を適用すると、スマホ台の値引き or 楽天ポイント還元
2年10,000円 / 3年20,000円
ただし、違約金も2年10,000円/3年20,000円増額

 

 

UQモバイル(MNP)

■月額使用料

プランS(5分間話放題 + 2GB) 2,980円

 

■スマホ

Phone8 64GB 78,800円(apple)
Huawei p10 lite 31,300円(UQ mobile)

 

■値引き・手数料

1年目1,000引き:12,000円
マンスリー割り:19,200円(Huawei P10 lite同時購入時)
MNP手数料/事務契約手数料:5,000円

 

■買取り

23,000円(Sofmap 12月中旬調べ)

 

■料金合計(iPhone8)

①本体:78,800円 / 使用料:71,520円 / 総額:150,320円(2,980円/月)
②本体:78,800円 / 使用料:64,520円 / 総額:143,320円(2,679円/月)
③本体:78,800円 / 使用料:41,520円 / 総額:120,320円(1,730円/月)

 

■料金合計(Huawei P10 lite)

①本体:31,300円 / 使用料:71,520円 / 総額:102,820円(2,980円/月)
②本体:31,300円 / 使用料:45,320円 / 総額:76,620円(1,889円/月)
③本体:31,300円 / 使用料:22,320円 / 総額:53,620円(930円/月)

 

 

DMMモバイル

■月額使用料

通話対応SIMプラン(2GB) 1,380円

 

■スマホ

Phone8 64GB 78,800円(apple)
Huawei P10 lite 29,980円(DMM mobile)

 

■値引き・手数料

キャンペーン:3,180円(Huawei P10 liteのみ。~2/8)
手数料:5,000円

 

■買取り

23,000円(Sofmap 12月中旬調べ)

 

■料金合計(iPhone8)

①本体:78,800円 / 使用料:33,120円 / 総額:111,920円(1,380円/月)
②本体:78,800円 / 使用料:38,120円 / 総額:116,920円(1,589円/月)
③本体:78,800円 / 使用料:15,120円 / 総額:93,920円(630円/月)

 

■料金合計(Huawei P10 lite)

①本体:29,800円 / 使用料:33,120円 / 総額:62,920円(1,380円/月)
②本体:29,800円 / 使用料:34,940円 / 総額:64,740円(1,456円/月)
③本体:29,800円 / 使用料:11,940円 / 総額:41,740円(498円/月)

 

 

au(MNP/2年契約割適用)

■月額使用料

ピタットプラン(1GB) 3,480円

 

■スマホ

iPhone8 64GB 84,667円

 

■値引き・手数料

ビッグニュースキャンペーン 12,000円(~2018/5/31)
auデビュープログラム 10,000円(終了時期未定)
値引きクーポン:5,000円(~2018/3/31)
手数料:5,000円

 

■下取り

16,000円(au下取りプログラム。12月現在最大)
23,000円(Sofmap 12月中旬調べ)

 

 

■料金合計(iPhone8)

①本体:84,667円 / 使用料:83,520円 / 総額:168,167円(3,480円/月)
②本体:84,667円 / 使用料:61,520円 / 総額:146,187円(2,563円/月)
③本体:84,667円 / 使用料:38,520円 / 総額:123,187円(1,605円/月)
※下取りは、sofmap利用とした。

 

 

 

総額ランキング

P10 lite

1)DMMモバイル 41,740円(498円/月)
2)UQモバイル 53,620円(930円/月)
3)楽天モバイル 69,220円(1,643円)

 

iPhone8

1)DMMモバイル 93,920円(630円/月)
2)UQモバイル 120,320円(1730円/月)
3)楽天モバイル 120,320円(1730円/月)

 

iPhone8にした時は、値引き額の大きいMNOが強いかと思いましたが、全くそんなことありませんでした。これは少しビックリ。月額使用料が安いMVNOが強かったですね。

 

 

 

雑感

色々なパターンで料金変わるので考えるのがめんどくさいですね~。あまり目立つように書かれていないですが、手数料なんかも考えないといけないですし。家族で同時に変更する場合、適用される割引の種類や、選択可能な基本料のパターン・条件が異常に増えていきます。さらに長期利用割引もあったり。

 

これだとMVNOに移動せず継続している人の気持ちも分からなくもない。

 

ただY!mobileやUQ mobile、家電量販店自身が格安SIMを提供しているケースがあるので、量販店等で条件を伝えて見積もりしてもらうと良いかもしれませんね。結果、大きく安くなるなら本格的に乗換え検討で良いと思います。

 

なんとなく始めた企画なのに、ここまで続いてしまいましたが、次回で一旦区切りをつけたいと思います。次回のネタは、○○○○。

 

それでは、また。

 

 

昨日は、こんな気になるニュースがありました。2年後には月額はもっと安くなると良いですね。

www.mixnats.com