浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

第3期 投資方針

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20170816124341j:plain

浪費家ナッツ(@rouhi_nats)です。おはようございます。

 

ここのところ似たような話題で申し訳ありません。本日は、今年の投資方針についてです。

 

普段なんとなく投資しているだけだとついつい忘れてしまう「自分ルール」ですが、ブログを開始した際に書き残したところ、昨年はそこそこ効果があったように思います。

 

書き残してブレやルール違反がゼロにはなりませんが、自戒にはなっているので今年も継続して書き残したいと思います。基本は毎年1回見直しを行う、ブログにて宣言するくらいと考えています。期中の方針転換は、本ページ末に改訂履歴を入れる。

 

"期"は、インデックス投資を基準としていまして、2016年を第1期、2017年を2期としています。なれてきたら当期計画と中期もしくは長期計画もまとめ方針に沿った投資ができればと思います。

 

 

第3期 投資方針

 

有効期間:2018年1月~2018年12月

毎年見直しを行う

誤字・用語の間違い等は随時修正を行う

 

1.リスク資産への出資

・自己資金の最大50%をリスク資産に振り分ける

・リスク資産の上限は、取得金額を基準とする

・給与所得の内、あらかじめ定めた一定金額をリスク資産にあてる

・利息、配当やキャンペーンで得た現金は、全てリスク資産に再投資する

 

 

 

2.運用方法

・積立による資産形成とリスク分散を行いやすいインデックス投資を主体とする。

・インデックス投資による飽きを抑えるため、個別株式や海外ETFの投資も行う

・運用方法ごとに分けて管理を行う。

・各運用方法ごとの振分けは以下を目標とする。

 インデックス投資 80%

 国内個別株 10%

 米国ETF 10%

 

 

 

3.運用方法ごとの目標

3-1 インデックス投資

・証券会社の投信積立機能を活用し、毎月一定額を購入する

・第1期~第3期は、お試し期間として目標より減額して積立を行う(25%,50%,75%)

・期初に、その時点の状況を元にアセットアロケーションの見直しを行う

・半年を目処にアセットアロケーションの乖離を見直す。

・目標とするアセットアロケーションは以下の通りとする

  日本国債券 40%

  日本株式   15%

  先進国株式 35%

  新興国株式 10%

・暴落が発生した際は、慌てず・積極的に追加投資を行う

 

3-2 国内個別株式

・配当金により収入を底上げすることを目標とする。

・取得金額に対する配当利回りが3%以上になるようにする。(税引き前)

・1銘柄への出資比率が国内個別株式の10%を超えないようにする。

 

 

3-3 米国ETF

・配当金により収入を底上げすることを目標とする。

・取得金額に対する配当利回りが4%以上になるようにする。(税引き前)

・投資上限は、円を基準で判断する。

・当面はNISAによる購入手数料無料を活用し積立を行う

 

 

 

4.新しい運用方法の取り入れ

新しい運用方法を取り入れる際は、国内個別株式もしくは米国ETFの割当を減らして追加する。インデックス投資の積立金額は減らさない。

 

以上、第3期(2018年)の投資方針でした。