浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

減配・増配の影響が分かりやすい! 配当ウェイトを計算してみた

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20171029200947j:plain

配当ウェイトとは?

配当ウェイトというものを知りました。

 

通常、保有株式の評価額で比率を見ていきますが、配当ウェイトは年間配当額で比率を見ていきます。

 

例)

f:id:mixnats:20180518003602p:plain

 

式にすると

[銘柄X]の配当ウェイト(%) = [銘柄X]の年間配当額÷ポートフォリオの年間配当額

※配当は税込み

 

面白いですね。こういう形で見るとポートフォリオ内の銘柄が無配転落した時、減配された時、増配された時の影響が分かりやすい。

 

 

参考記事

読者登録しているC55さんのブログより。

www.c55hero.com

 

 

 

配当ウェイトを計算してみた。

自分のポートフォリオでも配当ウェイトを計算してみました。

 

 

f:id:mixnats:20180518003651p:plain

 

米国ETFの配当は1米ドル=110円で計算しています。米国ETFは2017年の実績を使用。国内株式は来期の予想配当、発表がない企業は前期実績です。時間軸がずれていますが、細かいところは気にせず計算しています。

 

予想外だったのは、1位がPFFだったこと。分配金利回りが高いこと、毎月少しずつ積立てているので上位にいると思っていましたが、30%のウェイトとぶっちぎりで1位です。ETFなので分配金がいきなりゼロになることはないと思いますが、最近は少しずつ減っていますので影響が気になるところです。

 

また、上位10銘柄合計の配当ウェイトが80%でした。PFFのウェイトも気になりますが、特定の銘柄からの配当・分配金の影響が多いことも分かりました。

(上位10銘柄の配当ウェイトが80%、下位23銘柄の配当ウェイトが20%)

 

 

 

前期末の配当ウェイトはどうだったか?

比較のため2017年12月末時点での配当ウェイトを計算してみました。こちらは当時のレート、1米ドル=112.80円で計算しています。(米国ETFの分配金は2016年の実績)

 

 

f:id:mixnats:20180518003709p:plain

 

2017年12月末時点の配当ウェイトでは、トヨタ自動車が1位でした。当時は評価金額でもトヨタ自動車が圧倒的だったので、こちらの方が納得感のあるウェイトですね。

 

2位はPFF、3位キヤノン、4位KDDIでした。現在は保有株数を上積みしたJTが上位に上がっていますが、それ以外は期初からほとんど変動はなさそうです。

 

 

 

今後のバランス調整は?

当面は現在の購入・積立ルールは変えないでいきます。

 

将来的にPFFだけに偏った配当ウェイトは調整していきたいのですが、現時点では国内株式への投資は抑えて起きたい、米国ETF定期積立ルールは崩したくないというのが理由のひとつです。

 

また、配当で見るとPFFへの偏りは懸念事項です。ただ、私のメイン投資はインデックス投資です。その平均リターンを考えればPFFによる影響は格段に減るため、焦らず考えても良さそうというのが2つ目の理由です。

 

12月の配当ウェイトからトヨタ自動車を消して再計算すると、PFFの配当ウェイトは27.3%になります。つまり現状ルールのまま運用してもPFFの配当ウェイトは+1%/月程度のペースです。これであれば、ゆっくり購入・積立ルールの検討ができると踏んでいることが最後の理由です。

 

 

 

雑感

配当ウェイトという管理指標を知りました。配当を重視するのであれば、こういう見方でポートフォリオの状態を確認していくことも大切そうです。自分のポートフォリオ見直しツールとして今後も活用していこうと思います。