浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

4Gケータイの機種代金が意外と高いのでキャンペーンが豊富なうちに乗換えてみた(ガラケー、ガラスマ)

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20171029170930j:plain

浪費家ナッツです。おはようございます。

 

今日はau 4Gケータイへ機種変更にかかった料金について紹介します。

 

スマホ全盛といわれる中、3Gケータイ(ガラケー)も愛用していました。ただ、さすがに購入して7年近くたったせいかバッテリーの持ちも大分悪くなってきました。

 

目覚まし代わりに、キャリアメールにと日常生活の中で重要な役割を果たしていたので、壊れる前に4Gケータイに乗換えました。

 

それにしても4Gケータイの機種代金は機能の割に「お高い」。機種代金だけみれば格安スマホの方が安いし色々できます。

 

でも外ではあまり通信しないメールや通話だけできれば良い場合、月額料金も含めて考えるとフィーチャーフォンにも未だ価値があります。

 

 

auの4Gケータイを買った

2018年3月に3Gケータイから4Gケータイへ乗換えました。

 

最後に使っていた3Gケータイは5年ほど使っていました。

 

いつ壊れてもおかしくなさそうだったこと、充電がもつ時間が短くなっていたこと、運良く条件が揃っていたので乗換えを決意しました。

 

スマホに変えなかった理由、フィーチヤーフォンを使っている理由、4Gケータイに乗換えた後の通信費はこちらで紹介しています。

www.mixnats.com

 

 

 

実質機種代金は、-19,924円

4Gケータイって意外と高いです。

 

私が乗換えたGRATINA 4G KYF37も37,800円もします。

 

スマホに比べてディスプレイやCPUなどのコストは低そうなのに「ふざけた値段」だ思うのですが、フィーチャーフォンは今や少数派しかたないのかもしれません。

 

それでもちょっと手間をかけただけで機種代金以上に安くできました。

 

 

3Gケータイからの乗換え割引

まずは「au STARケータイ取り替えお助けギフト」を使用しました。

 

これは3Gケータイを37ヶ月以上使っていた人が、4Gケータイに乗換えると機種代金が最大10,800円割引、充電アダプタをプレゼントすると言うもの。

 

GRATINA 4G KYF37は、最大の割引額(10,800円)が適用できました。

 

【注】

現在、「au STARケータイ取り替えお助けギフト」は「ケータイ取り替え割」と名前が変更されています。同時に適用条件も変更されています。

 

変更後の内容は、3Gケータイを24ヶ月以上利用していた人が4Gケータイに乗換えると機種代金が最大10,800円割引、充電アダプタがプレゼントされます。

 

 

www.mixnats.com

 

株主向けに配布された「スペシャルクーポン」を利用

2017年中間決算の配当金計算書に付いていたau機種購入・変更時に使える「スペシャルクーポン」を使いました。

 

こちらは値引きされるものではなくau WALLETに最大5000円キャッシュバックされるものです。

 

また、中間決算の関係書類と一緒に届きますが株主優待ではありません。

 

株主優待ではないので端株でもOKです。

 

 

また、3Gケータイを所有しているとKDDIから機種変更時に利用できるクーポンが届く時があります。

 

株を保有していない場合、こちらを使ってみるのも良いかもしれません。

※同時利用はできませんでした

 

 

引き留めポイントでの割引

最後は「引き留めポイント」での割引です。

 

これが20160auポイントありました。

 

引き留めポイントって何?という方のために。ざっくりとですが。

ケータイの番号を維持したまま他社に移動する際、現在契約している携帯会社からMNP予約番号を発行してもらいます。

 

その際、他社へ移動しないという条件でポイントを貰えることがあります。

 

これを「引き留めポイント」と言ったりします。

 

引き留めポイントが貰える条件等は全くの不明です。私もMNP予約番号を何度かしていますが、ポイントを貰えたのは初めてです。

 

 

 

見積書

実際に支払った費用、割引額等は次の図の通り。ここにはキャッシュバック金額は含まれていません。

 

f:id:mixnats:20190120202438j:plain

 

 

まとめると、

実際に支払った費用:6,676円
キャッシュバック:5,000円
毎月割:21,600円(600円×36ヶ月)
実質費用-19,924円

 

ちなみにその他値引きが引き留めポイントよりも多くなっているのは、自分で貯めたウォレットポイントが含まれているからです。

 

 

 

 

雑感

2019年1月16日をもって「ソフトバンクのガラケー→スマホ割」が終了しました。

 

総務省の携帯代金4割値下げ策に対応するため、他の割引も減っていくことが予想されています。もちろんソフトバンクだけでなく他社も追随するでしょう。

 

4Gケータイにするにしてもスマホにするとしても意外とお金はかかります。

 

格安SIMに乗換えるのもありですが、チャンスのある内に色々なキャンペーンを使って安く済ませる方法を探してみてもよいのではないでしょうか。

 

ちなみに4Gケータイに乗換えたのは2018年3月です。 

 

 

 

関連記事

私は通話・メール用の4Gケータイと、データ通信用のスマホ2台持ちをしています。スマホを格安SIMに変更した時の体験記です。

www.mixnats.com

 

 

スマホは格安SIMのUQmobileを使っています。安いくせに噂通りの通信速度で大満足です。

www.mixnats.com

 

 

www.mixnats.com