浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

わずか「1,000円から株が買える」、米国株投資サービスOne Tap BUY(ワンタップバイ)とは

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20171105114157j:plain

浪費家ナッツ(@rouhi_nats)です。おはようございます。

 

米国株式を購入したい。

AmazonやGoogle、Appleといった今世界の最先端にいる成長企業の株式がほしい。一度は憧れますよね。

 

でも超人気企業の株式は高い!海外の株式はどうやって買えば良いのかわからない!など実際に購入するまで準備も必要ですよね。

 

そんな手間をパッと片付けて、たった1,000円から超有名企業の株主になれるサービスがあります。それがOne Tap BUY(ワンタップバイ)です。

 

 

One Tap BUYのサービス

f:id:mixnats:20171128211606p:plain

 

One Tap BUYはスマホ専業の証券会社です。他の証券会社とは違う、次の様な特徴的なサービスを提供しています。

 

■One Tap BUYのサービス特徴

  • 1株単位ではなく、1,000円単位で株式を購入できる
  • 少額取引に適した手数料体系
  • スマートフォンアプリから3タップで取引できる
  • 24時間いつでも取引可能

 

スマホ専業といいつつPC版取引サイトもありますので、自宅で落ち着いて売買したい人、スマホを所有していない人でも利用できます。

 

 

 

1,000円単位で株式購入出来るって?

私が注目しているのは、やっぱり1,000円単位で株式を購入出来ることです。

 

One Tap BUY社のWebサイトでも一番上にでかでかと掲載されている、一番の特徴が

「わずか1,000円で株主」です。

 

お金がないから投資できないではなく、1,000円から投資できちゃうのです。

f:id:mixnats:20171128211838p:plain

 

通常の証券会社で購入する場合、株式を購入するのに数万円もかかるのに、1,000円で株主になれてしまうのは、One Tap BUYは計り売りをしているから。

 

日本株式で端株取引では株価2,500円の株式の場合、2,500円単位(=1株単位)での購入になります。(1株単位、金額は株価次第)

 

一方、One Tap BUYの場合では1株2,500円の株式の場合、1,000円で0.4株を購入できちゃいます。(1,000円単位、株数は株価次第)

 

株価によらず少額から購入出来るので、最初から複数銘柄への投資もしやすそうです素晴らしいですね。

 

 

 

少額投資に適した手数料とは?

One Tap BUYの株式取引手数料は、
  1. 株価に0.5%のスプレッド(NY市場オープン時)
  2. 為替100円あたり0.35円(0.35%)のスプレッド
となっているようです。

 

 

一方、米国株を購入でき手数料も安いネット証券の場合、
  1. 取引手数料0.45%(最低5ドル)
  2. 為替のスプレッドが1ドルあたり0.25円
になります。

 

 

一見、ネット証券の方が手数料は少ないように見えますが、少額投資・円高になるほど、One Tap BUYの手数料が安くなっていきます。

 

最終的に株式が積み上がった後、売却時の手数料はネット証券の方が安くなる可能性が高いです。しかし、One Tap BUYは手元資金が少ない段階から投資に参加できるメリットがあります。

 

右肩上がりの成長が続く米国市場の場合、多少手数料がかかったとしても早く投資に参加できるメリットを活かした方が、結果として高い利益を得られる可能性がありそうです

 

 

 

たった3タップで株式が買える?

One Tap BUYでの株式購入は、アプリから3タップの操作だけです。

1.銘柄を選択する

2.購入する金額を指定する

3.購入ボタンを押す

たったこれだけ!実に簡単です。

 

 

 

24時間取引可能

通常の株式売買は、市場が開いている時間のみ取引可能です。

 

ただOne Tap BUYの場合は、One Tap BUYが株式市場から仕入れ、私達はOne Tap BUYから株式を購入します。

なので、24時間いつでも株式を購入できる形になっています。

 

 

 

その他気になるポイントは?

取扱が30銘柄のみ

取扱い銘柄が日本でも超有名な企業の30銘柄しかありません。

少し寂しい気もします。

 

でも、まずは米国株投資にチャレンジしたいレベルであれば、変な欲が出なくて良いのと思います。

 

逆に1取引10万円以上、マイナーな成長企業に投資できる程のベテランであれば、One Tap BUYの客層から外れるという事になると思います。

 

 

配当金の扱い

株式によっては、配当金が支払われます。

 

米国株式なので配当は米ドルで支払われますが、One Tap BUYが円に転換したものを口座に反映してくれます。

 

残念ながら自動で配当金再投資はできない様子です。

もちろん、残高が1,000円を超えれば、タップして購入できるようです。

 

 

在庫不足?

相対取引のため需給バランスによっては在庫不足という事がありえます。在庫不足の時に取引価格がどうなってしまうのか分かりませんでした。株式が積み上がっても他の証券会社へ移管ができないようです。

 

 

 

関連記事

S&P500ETFに1,000円から投資できるサービスが開始されました。S&P500ETFというと投資の神様ウォーレン・バフェット氏が推奨しているスーパーETFです。

www.mixnats.com

 

 

気軽に米国ETFに投資でき、面倒なリバランスや税金の最適化などを行ってくれるウェルスナビというサービスもあります。難しいことは考えずに資産運用したいというのであれば、こちら面白いかもしれません。

www.mixnats.com