浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

独自ドメイン取得でチェックしたい3つポイント お名前.com

スポンサーリンク

浪費家ナッツです。おはようございます。

 

11月上旬に独自ドメインを取得しました。本ブログの新URLは、

https://www.mixnats.com

となりましたのでよろしくお願いします。

 

 

どこの業者を使ったか?

独自ドメイン取得で有名な業者というと、「お名前.com」「ムームードメイン」「エックスサーバー」あたりが有名だと思います。

 

「お名前.com」は、超有名である一方で、少しクセがあります。

 

「ムームードメイン」は、お名前.comと同じGMOのグループ会社です。

 

「エックスサーバー」は、上記2社に比べてマイナーなイメージを持っていましたが、レンタルサーバーでは人気の高い会社でした。

 

最初は「エックスサーバー」でドメインを取得する予定でした。でも、結局「お名前.com」でドメインを取得しました。理由は、色々なブロガーが記事にしているので、分からないことがあっても検索すればたくさん情報が得られるから。

 

何か分からないことが出来た時、インターネットで似たような状況の人が見つけられたり、解決方法が得られることは、現代の企業への安心感のひとつだと思うんですよね。

 

 

 

お名前.comで気をつけたいこと

1.登録料金の安さに惑わされない

お名前.comの広告でよく見るのは、ドメイン料金1円~などというもの。実際に料金表を見ると登録料金が1円~99円のものも多いです。

 

でもひとつ待って欲しい。独自ドメインはどこの業者も1年ごとに料金がかかります。お名前.comでは、1年目=登録料金、2年目以降=更新料金という名前になっています。

 

f:id:mixnats:20171123221611p:plain

 引用:お名前.com

 

 

これを踏まえて料金表(※1)を見ると、「.site」ドメインは1年目30円、2年目以降は毎年3,980円と長く使えば使うほど他の料金に比べ割高になっていることが分かります。目の前の料金の安さだけに惑わされないようにしたいですね。

 

※1 ブログ作成時の料金表です。時期によって料金が変わる可能性があります。

f:id:mixnats:20171123221640p:plain

引用:お名前.com

 

 

2.whois情報公開代行を申込むこと

Whoisとは、ドメイン使用者などの情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。独自ドメインを取得すると皆このデータベースに登録されます。つまり、独自ドメインを取得すると個人情報がインターネット上に公開されてしまいます。

 

これを代行してくれるのが、whois情報公開代行サービスです。これを利用すると、個人情報が記載される場所に、代行業者の名前が記載されます。

 

「お名前.com」の場合、この代行料金が1年あたり980円かかります。ただし、ドメイン取得と同時に代行をお願いすると、980円割引(つまり0円/年)になります。

 

私が登録した時は、登録年数を決めるページにwhois情報公開代行申込み欄がありましたので、チェックは忘れずに!

 

f:id:mixnats:20171123221825p:plain

 引用:お名前.com

 

 

3. ドメインニュースの配信を停止すること

「お名前.com」に登録すると、「新しいドメインを取得しませんか?」的なメールが多く配信されてきます。私の場合、大体1日10通程度も来ました。セールのような内容も多いので、複数のドメイン取得を考えていれば良いですが、1つで良い人には正直うざったい。

 

会員情報から停止できるので、気になる場合は停止しておきましょう。

 

お名前.comのサイトにログインして、「お名前.com会員情報」タブ、会員情報の確認/編集メニュー、開いた画面の下の方にある「ドメインニュース配信」を「配信なし」することで停止できます。

 

 

f:id:mixnats:20171123222054p:plain

 

f:id:mixnats:20171123222122p:plain

  引用:お名前.com

 

 

まとめ

ちょっと検索するとネガティブな意見も多い「お名前.com」ですが、ちょっと気をつければ問題なく使えそうです。

 

また、「お名前.com」の設定方法や注意ポイントを細かく解説している記事も多いので、参考にさせてもらって独自ドメインライフを送っていきたいと思います。