浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

【格安SIM】ドコモのiPhone6sでau系のUQmobileに乗換えてみた。

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20180623080030j:plain

浪費家ナッツ(@rouhi_nats)です。おはようございます。

 

以前、格安SIMにMNPするか大手キャリアに残るか悩みまくっていましたが、やっと実行できました。

 

結論を先に言うと、iPhone6sのままNTTドコモからUQ mobileにMNPしました

KDDIのサブブランドUQ mobileを選ぶなんて料金が高くて縛りきついのでは?と考えるかもしれませんが、シミュレーションの範囲では予算内に収まりました。

 

 

 

NTTドコモについて

まずは転出元のNTTドコモについて軽く振り返っておきます。

 

NTTドコモに留まりたい理由

・キャリア決済が便利
・通信速度が安定している。
・魔法の電話番号151

 

NTTドコモで特に便利に使っていたのが、キャリア決済でした。

iTunesコードを○%引きで買えるキャンペーンがあったり、Amazonギフト券が買えたり

、dポイントとクレジットカードのポイント2重取りができるので重宝していました。

12月頃からキャリア決済でAmazonギフト券を購入出来なくなったのが非常に残念でしたね。

 

 

NTTドコモを止めた理由

・月の基本料が高いから。
・機種変更しても、サポートが他社より少ないから
・2年縛りが面倒くさいから

 

家族で上手く契約している方、学割が使える方、無料通話に重きを置いている人でなければ、大手キャリアで契約している人は同じ不満を持っている人が多いと思います。

 

 

 

MNP後の予算/条件

・データ通信量を含む基本料金上限 3,000円

・必要なデータ通信量2GB以上。現状、1GB/月使う程度。

・通話料は従量制でも可。

・スマホの買換え可。スマホ代は予算外で一括購入

 

 

 

UQmobileを選んだ理由

当初は、「おしゃべりプラン」を候補として考えていました。他社より多少高くても、5分間話放題は使い勝手が良くなりますしね。ただ見直すと色々と不便な制限があったので別プランで検討しなおしました。

 

UQmobileで魅力だと思ったことは、

データ通信速度が大手キャリアと同水準
近所の家電量販店で店頭申込みができたこと
・12ヶ月縛りのプランがあったこと
・キャリアメールが使えること(オプション)

 

 

契約したプラン

UQmobileで大々的にアピールしている「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、表面的な値段こそ安くなっていますが、よく見るとそこまで格安ではありません。

(14ヶ月目以降2,980円/月~、26ヶ月目以降データ通信量は半減)

 

また、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、契約期間2年毎縛りです。

 

 

おしゃべりプラン、ぴったりプランでも予算内に収まるのですが、UQ mobileにも安めの料金プランがあります。

「データ高速+音声通話プラン」というもので、音声通話は従量課金(20円/30秒)、データ通信量3GBで基本料金は1680円です。

ひっそりと掲載されているので分かりづらいですね。

 

 

契約は最低利用期間(12ヶ月)なので、12ヶ月以上使えば他社への移動が自由になります。通話機能付きSIMであれば、他社も12ヶ月縛りはあるので同水準になります。

 

今回は、この「データ高速+音声通話プラン」を契約しました。

 

 

UQ mobileで気になること

UQmobileで気になるのは、最近ニュースになった「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の動向でしょうか?

 

UQmobileのデータ通信速度が他の格安sim各社と比べ格段に速いこと、UQmobileがKDDI子会社であることから、ズルしているのではないか?と疑われています。

 

格安SIMとは言われているものの、主力プランは他の格安SIMの3倍近い料金です。贅沢に帯域確保できているのかもしれません。

 

article.auone.jp

 

 

 

切替え手続きについて

手続き前にしたこと

・SIMロックの解除申請をした
・MNP予約番号を発行した
・dポイントを使い切った

 

SIMロックの解除申請はWEBから申請しました。電話申込みやドコモショップでも依頼できるのですが、手数料がかかるので注意が必要です。

意地悪だなと思ったのが、SIMロック解除を受け付けた連絡は来るのですが、解除が終わった連絡が来ないことです。受付から解除まで多少時差があるようなので、事前準備しておいた方が良いでしょう。

 

 

MNPは、事前に151(ドコモスマホから9:00~20:00)に電話して予約番号を発行してもらいます。この予約番号の有効期限が15日なので注意です。(再発行可)

 

残念ながらNTTドコモからは、引き留めポイントはありませんでした。まぁ2年間しか使っていないのであれば、こんなもんかもしれません。

ただ、どこに移動するの?とか、月額費用を抑える提案とか、転出費用とかの話はしつこくされました。

 

乗換えるつもりであればここで挫けてはいけません。

 

 

dポイントもできる限り使い切りました

実際は、dポイントは転出後も引き続き使えるようです。(MNP予約をする際に確認)

ただ、転出後にドコモのサポートページで何やら操作すると言われていました。

 

 

手続き用に準備したもの

ほとんど常備しているものですが、クレジットカード、身分証明書(免許証)、スマホ、MNP予約番号が必要になりました。

 

 

いざ家電量販店へ

今回、家電量販店の店頭でUQmobileの契約をしました

Nexus5でDMM mobileに乗換えてみた」で記事にしていますが、乗換え作業は自分でやっても簡単にできます。

 

自分でも出来るのですが、その場で通信会社の切替えが出来ること、UQmobileの担当者が作業をしてくれることが店頭で対応してもらった理由です。

最近細かいものを見るのがつらいので・・・。

 

店頭では、UQmobileの制服を着ている店員さんに、ドコモで契約しているiPhone6sをMNPでUQmobileの「データ高速+音声通話プラン」に乗換えたいと伝えただけでした。

 

やったことと言ったら、確認のため指示された通りにスマホを操作して、書類を書いて15分程度待ったくらいです。

 

楽ちん楽ちん。

 

また、店頭で交換したことで思わぬもらい物がありました。詳しい理由は分かりませんが、キャンペーンとかで家電量販店で使えるポイント10,800ポイントが貰えました。転入の手数料が約3,000円かかるのですが、支払った以上に貰えるというなんとも不思議な体験でした。

 

 

 

雑感

契約したばかりなので、UQ mobileで良かったか?mineoにしておけば良かったかな?と思うこともあります。この辺はもっと使い込んだ後に記事にできたらと思います。

 

投資ブロガーでUQ mobileユーザは少なそうなので、ちょっと不安ではありますが・・。

 

 

 

 

以前の記事

大手キャリアは高い、格安SIMはスマホが安くできるらしいとは分かっているものの、選択肢が多くてどこが良いのか悩みますよね。

 

実際に私が悩んでいたときの記録をあげておきます。

格安SIMか大手キャリアか、それが問題だ

格安SIMか大手キャリアか、それが問題だ【その2】

格安SIMか大手キャリアか、それが問題だ【その3】

格安SIMか大手キャリアか、それが問題だ【その4】