浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

楽天スーパーポイントを使った投資疑似体験サービスとは【ポイント運用】

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20181022221347p:plain

浪費家ナッツです。おはようございます。

 

2018年10月、楽天グループのポイント「楽天スーパーポイント」を使った新しいサービス、「ポイント運用by楽天PointClub」が開始されました。

 

これは楽天スーパーポイントを使って投資の疑似体験ができるサービスです。

証券会社に口座を持っていなくても楽天PointClub会員であれば簡単に参加することができます。

 

ポイント運用by楽天PointClubに参加できるのは、こんな人。

・参加可能な人・・・楽天PointClub会員の方
・最低投資ポイント・・・100ポイント以上100ポイント単位
・最低解約(引出し)ポイント・・・1ポイント以上1ポイント単位
・投資可能コース・・・アクティブコース or バランスコード
・その他・・・解約(引出し)は現金ではなく、楽天スーパーポイント(通常ポイント)。
※期間限定ポイント、提携サービスから交換したポイントでの投資はできません。

 

 

楽天スーパーポイントを使って実際の投資信託を購入できるサービスもありますが、そのサービスとは別の新しいサービスになります。

 

 

 

ポイント運用の特徴

f:id:mixnats:20181022221638p:plain

 

ポイント運用 by 楽天PointoClubの主な対象者は、楽天会員で投資に興味はあるけど本格的に始めるを悩んでいる方でしょう。

 

面倒な手続きを極力減らしたものになっているのでお試しには良いサービスですね。

・証券口座は開設不要

・選べる運用コースはたった2つ

 

 

また、実際のお金を使うよりも抵抗の少ないと思われるポイントを消費してポイントで還元される形になっています。

 

楽天のQ&Aにも書いてありますが、両コースともポイントが減少する可能性があります。例えポイントが減っても補填されることはありませんので、この点は承知してサービスを利用しましょう。

 

 

 

選べる2つのコース

実際に投資を行う場合、株式投資、投資信託、ETF色々な商品があり、どれを選んで良いのか決めるだけでも一苦労です。

 

ポイント運用では2種類のコースだけなので比較的簡単に決めることができそうですね。

 

超ざっくりいうと、値動き(ポイント増減)が激しいアクティブコースと、緩やかなバランスコースになります。

 

アクティブコース

f:id:mixnats:20181022221739p:plain

 

アクティブコースは、株式70:債券30の資産配分となる運用コースです。

 

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)の値動きに連動し、運用しているポイントが増減します。

 

世界の株式および債券に投資する投資信託と同じ値動きをしますが、株式割合が多くバランスコースと比較すると値動きが激しくなる傾向があります。

 

 

バランスコース

f:id:mixnats:20181022221810p:plain

 

アクティブコースは、株式30:債券70の資産配分となる運用コースです。

 

楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)の値動きに連動し、運用しているポイントが増減します。

 

世界の株式および債券に投資する投資信託と同じ値動きをしますが、債券割合が多くアクティブコースと比較すると値動きが緩やかになる傾向があります。

 

 

 

まとめ

・ポイント運用は楽天スーパーポイントで投資ができる楽天のサービス
・楽天PointClub会員であれば、100ポイントから参加可能
・ポイントが増減するだけなので、抵抗少なく投資体験ができる

 

楽天グループの投資関連サービス拡充が著しいですね。似たようなサービスが増えているので間違えてしまいそうですが、ポイント運用は証券口座不要の投資体験サービスです。

 

投資に興味はあるけど実際にお金を運用するのは少し抵抗があると考えているなら、一度試してみると良いでしょう。

 

 

 

関連記事

最近広がりつつあるポイントを使った投資体験サービス、NTTドコモのdポイントでも参加できます。

www.mixnats.com

 

 

こちらは楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入するサービスです。ポイント運用で投資に興味を持ったら試してみましょう。

www.mixnats.com

 

 

www.mixnats.com