浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)とS&P500比較

f:id:mixnats:20171103105918j:plain

浪費家ナッツです。おはようございます。

 

来年から始める「つみたてNISA」を睨んでか、今年は色々なインデックスに連動する投資信託が発売されたり、手数料等の値下げが盛んで話題に事欠きませんね。

 

つい先日も、S&P500に連動する格安コストのiFree S&P500や、楽天・全米株式・インデックス・ファンド、楽天・全世界株式・インデックス・ファンドが発売されました。

  

選択肢が増えることは、ありがたいと同時に悩みも増えます。上の例で言えば、S&P500も楽天・全米株式・インデックス・ファンドも米国の株式市場に連動する投資信託です。

 

両者は何が違うのでしょうか?どちらが良いのでしょうか?少し比較してみたいと思います。

 

 

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)とは

ティッカー VTI
経費率 0.04%
ETF純資産額 798.68億米ドル (8.8兆円、 1ドル=110円換算)
株価 132.47米ドル 11月3日終値
※2001年に設定されて以降、連動するインデックスが2回代わっており、現在は、CRSP USトータル・マーケット・インデックスへの連動を目指している

※情報元:https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VTI_JP.pdf

 

連動する指標が変わったりしているものの、米国の株式市場に上場する企業のほぼ100%に分散投資するETFです。

 

 

構成銘柄(上位10社)

銘柄 セクター 保有比率
Apple Inc. テクノロジー 2.7%
Alphabet Inc. テクノロジー 2.2%
Microsoft Corp. テクノロジー 2.1%
Amazon.com Inc. 消費者サービス 1.6%
Facebook Inc. テクノロジー 1.4%
Johnson & Johnson ヘルスケア 1.4%
Exxon Mobil Corp. 石油・ガス 1.4%
Berkshire Hathaway Inc. 金融 1.3%
JPMorgan Chase & Co. 金融 1.3%
Wells Fargo & Co. 金融 1.0%

※2017年6月30日現在

 

 

セクター内訳

セクター 保有割合
金融 20.5%
テクノロジー 17.4%
ヘルスケア 13.1%
消費者サービス 13.0%
資本財 13.0%
消費財 9.7%
石油・ガス 5.6%
公益 3.2%
素材 2.5%
通信サービス 2.0%

※業種分類ベンチマーク (ICB) 基準による分類です。

 

 

連動する投資信託

9月下旬に楽天投信投資顧問とバンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社より「楽天・バンガード・ファンド」の創設が発表されました。同時に、VTIを実質的な投資対象とする投資信託、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の設定が発表されました。

f:id:mixnats:20171107215645p:plain

引用:https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rivue/pdf/rivue_P.pdf

 

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、楽天証券、マネックス証券、SBI証券、エイチ・エス証券で購入可能です。(2017年10月31日現在)

 

 

欄外

MSCI USブロード・マーケット・インデックスとは

MSCI US ブロード・マーケット・インデックスは、米国株式市場の約3100の銘柄で構成され、米国株式市場全体の時価総額上位99.5%をカバーするインデックスです。

参考元:MSCI USブロード・マーケット・インデックス

 

2005年4月から2013年6月まで、VTIが連動を目指していたインデックスでした。

 

 

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは

米国の株式市場に上場のほぼ100%を占める超大型から超小型に至る約4000の銘柄からなり構成される株式指数です。浮動株調整後の時価総額比率で加重平均した指数化したものです。

参考元:CRSP USトータル・マーケット・インデックス

 

2013年6月からVTIが連動を目指していたインデックスにもなっています

 

 

 

S&P500とは?

S&P500は、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な505銘柄を浮動株調整後の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

 

 

 

構成銘柄上位10銘柄

銘柄 セクター 保有比率
Apple Inc. 情報技術 3.6%
Alphabet Inc. 情報技術 2.6%
Microsoft Corp. 情報技術 2.6%
Amazon.com Inc. 一般消費財・サービス 1.8%
Facebook Inc. 情報技術 1.7%
Johnson & Johnson ヘルスケア 1.7%
Exxon Mobil Corp. エネルギー 1.6%
JPMorgan Chase & Co. 金融 1.6%
Berkshire Hathaway Inc. 金融 1.5%
Wells Fargo & Co. 金融 1.2%

※VTIと比較のため、同じバンガード社のS&P500に連動するETF(VOO)の情報を掲載、セクターは、世界産業分類基準(GICS)による分類です。

※情報元:https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VOO_JP.pdf

 

 

セクター別内訳

セクター 保有比率
情報技術 22.3%
金融 14.5%
ヘルスケア 14.5%
一般消費財・サービス 12.3%
資本財・サービス 10.3%
生活必需品 9.0%
エネルギー 6.1%
公益事業 3.2%
不動産 2.9%
素材 2.8%

※世界産業分類基準(GICS)による分類です。

 

 

 

パフォーマンス比較

VTIとS&P500の過去のパフォーマンスを「わたしのインデックス」サイトより引用させていただきました。共にドルベースでの比較になります。

 

VTI

f:id:mixnats:20171109230736p:plain

 

 

S&P500

f:id:mixnats:20171109230812p:plain

 

比較

位置がずれてしまっているので見づらいですが、大雑把に見るとほとんど変わらないですね。15年間の年率平均だと、VTIの方がリターンが高いです。10年以内だとS&P500の方がわずかにリターンが高い。一方で、リスクは一貫してS&P500の方が小さい

 

私のイメージでは、広く分散しているほど(今回の比較だとVTI)の方がリスク・リターンが低いイメージでしたが、必ずしもそうではなかったです。

 

 

 

 

 

まとめ

楽天・全米株式インデックス・ファンドが発売され、改めて興味を持ったので比較しましたが、私が結論を出せるような違いはでませんでした。とすると、購入・保有・売却コストが安そうなものを選ぶことが、今の私の選択肢となりそうです。

 

あとは、一括で積み立てた場合の年率平均0.4%で15年がどれくらいの差になるか気になるところですね。