浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

【2019年版】投資信託の積立で人気の商品はどれ?(米国株式市場編)

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20190214204714j:plain


浪費家ナッツです。おはようございます。

 

米国株式市場を対象とするインデックス「S&P500」に連動する投資信託、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動する投資信託について人気を調べてみました。

 

 

少し前まで「S&P500」に連動する投資信託は売れないと言われ、国内で買える投資信託では選択肢がほとんどない状態でした。ところが2017年8月にiFree S&P500が新規設定されて以降、米国株式市場を投資先とする投資信託が続々と登場しています。

 

新しい商品が多いため比較するには早いかもしれませんが、ここらで現状を確認しておきます。

 

なお、米国株式市場を対象とするインデックスとして「NYダウ」が有名ですが、今回は比較対象外としています。

 

更新履歴
第1版 2018年10月18日
第2版 2019年2月15日

 

S&P500とは?

米国を代表する企業で構成される株式指数です。

 

特徴

・NY証券取引所、NASDAQに上場する代表的な米国企業で構成
・約500銘柄で構成される
・浮動株調整後の時価総額比率で加重平均し指数化したもの

 

 

 

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは?

米国の株式市場に上場しているほぼ100%の銘柄で構成される株式指数です。

 

特徴

・超大型~超小型まで米国市場ほぼ100%
・約4,000の銘柄で構成される
・浮動株調整後の時価総額比率で加重平均し指数化したもの

 

 

 

比較対象

No. 銘柄 運用会社 指標
1 米国株式インデックス・ファンド SSGA S
2 iFree S&P500インデックス 大和証券投資信託委託㈱ S
3 農林中金つみたてNISA米国株式 S&P500 農林中金全共連AM S
4 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際投信㈱ S
5 楽天・全米株式インデックス・ファンド 楽天投信投資顧問㈱ C
6 iシェアーズ 米国株式IF ブラックロック・ジャパン S ×

指標:S→S&P500 / C → CRSP USトータル・マーケット・インデックス
つ:つみたてNISA対象

 

 

名称省略

農林中金つみたてNISA米国株式 S&P500

   ⇒農林中金<パートナーズ>つみたてNISA米国株式 S&P500

 

 

サイト

www.fsa.go.jp

 

 

 

実質コストで比較

2018年12月末時点

最初の比較は実質コストから。

 

投資信託は購入時・保有時・売却時に手数料がかかります。

今回取上げる商品は、基本購入時手数料は「なし」です。ただ、保有時にかかる手数料(信託報酬率+隠れコスト)はどの商品も必要になります。

 

 

銘柄 信託報酬 隠れ 実質 解約
米国株式インデックス・ファンド 0.4860% 0.0575% 0.5435% 0.10%
iFree S&P500インデックス 0.2430% 0.1292% 0.3722% -
農林中金つみたてNISA米国株式 S&P500 0.4860% - - -
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.1728% - - -
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.1696% 0.1325% 0.3021% -
iシェアーズ 米国株式IF 0.4050% 0.0450% 0.4500% -

 

 

隠れコスト部分は、年間もしくは半期毎の決算時に初めて分かる数字です。

毎年変わる可能性がありますが、最新の運用報告書の値を使用しています。

 

 

実質コストが低い順でランク付けすると以下のようになります。

1位:楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.302%
2位:iFree S&P500インデックス 0.3722%
3位:iシェアーズ 米国株式IF 0.4500%

 

6本中初回決算を迎えている銘柄が4銘柄しかありません。今回は参考程度の情報です。もう少し経てば2位、3位は入れ替わりそうですね。

 

 

 

 

実質コストランキング推移

f:id:mixnats:20190214221708p:plain

 

 

 

 

純資産増加額(年換算)で比較

2018年12月末時点

続いて、2017年12月末~2018年12月末までの純資産増加額(年率換算)で比較です。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は2018年7月末に新規設定されたばかりのため実質5ヶ月の結果になっています。

 

単位:億円

銘柄 17/12末 18/12末 増減 年換算
米国株式インデックス・ファンド 4.78 14.49 9.71 9.71
iFree S&P500インデックス 28.70 59.30 30.60 30.60
農林中金つみたてNISA米国株式 S&P500 20.04 18.71 -1.33 -1.33
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) - 85.73 85.70 175.79
楽天・全米株式インデックス・ファンド 37.70 276.12 238.42 238.42
iシェアーズ 米国株式IF 24.20 26.57 2.37 2.37

 

 

純資産増加額が多い順にランク付けすると、次の様になりました。

1位:楽天・全米株式インデックス・ファンド 238.42億円
2位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 175.79億円
3位:iFree S&P500インデックス 30.60億円

 

上位2本、楽天・全米株式インデックスファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が他を圧倒するほど差をつけて1位、2位となっています。

 

あまりにも大差をつけているので3位以下の商品がかわいそうなくらいですね。

当面は1位、2位の2商品を選べば失敗することは少ないでしょう。

 

 

ひとつ残念なのはiFree S&P500インデックス。

コスト面から見ればこんな大差をつけられる理由はない気がします。

 

大和証券投資信託委託㈱にはもう少し勢いをつけるためのアクションを取ってもらいたいですね。

 

 

 

純資産増加額(年換算)ランキング推移

f:id:mixnats:20190214221812p:plain



 

 

 

 

人気(大手ネット証券平均)比較

2018年12月末時点

最後にネット証券での人気ランキング比較です。SBI証券と楽天証券は積立件数、マネックス証券は月間売れ筋ランキングです。ハイフン(-)は、取扱はあるもののランク外のものです。

 

銘柄 SBI 楽天 マネ 平均
米国株式インデックス・ファンド 101位 161位 - 171位
iFree S&P500インデックス - 18位 89位 119位
農林中金つみたてNISA米国株式 S&P500 × × × ×
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 1位 7位 24位 11位
楽天・全米株式インデックス・ファンド 6位 1位 18位 8位
iシェアーズ 米国株式IF - 191位 - 230位

 

 

各証券会社で人気のランキングから順位付けすると、次のようになりました。

1位:楽天・全米株式インデックス・ファンド 平均順位8位
2位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)平均順位11位
3位:iFree S&P500インデックス 平均順位119位

 

 

SBI証券の口座開設ページを見てみる

楽天証券の口座開設ページを見てみる

マネックス証券の口座開設ページを見てみる

 

 

人気ランキング推移

f:id:mixnats:20190214221848p:plain

 

 

まとめ

米国株式市場のインデックスに連動する投資信託で人気の商品は、次の3つです。

銘柄 平均順位 実質コスト 純資産 増加額(年間)
楽天・全米株式インデックス・ファンド 8位 0.3021% 276.12億円 238.42億円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 11位 - 85.73億円 175.79億円
iFree S&P500インデックス 119位 0.3722% 59.30億円 30.60億円

 

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の勢いがスゴイですね。

新規設定後たった5ヶ月でiFree S&P500インデックスの純資産を超えてしました。

 

まだ少し差があるものの楽天・全米株式インデックス・ファンドの迫る勢いです。実質コスト如何によっては逆転することも考えられます。

 

米国市場に投資できる投資信託を購入するなら現在の上位2商品の好きな方を選べば良さそうです。