浪費家ナッツの投資日記

浪費家によるインデックス投資の積立・高配当米国ETF・高配当国内株の運用日記です

【高配当】米国ETF運用記録(2018年4月末)

スポンサーリンク

f:id:mixnats:20180402220934j:plain

浪費家ナッツ(@rouhi_nats)です。おはようございます。

 

私はリスク資産を投資信託で構成するインデックス投資、配当狙いの国内株式投資、米国ETF投資の3つに分けて運用しています。メインはインデックス投資ですが、飽きないように少しだけ配当金狙いの投資をしています。

 

今回はこのうちの「米国ETF」の2018年4月末時点の記録です。

 

 

運用目標

米国ETF投資では、配当利回り4%以上(税引き前)を目標としています

(円ベース・取得金額基準)

 

現状、米国ETFは全てNISA口座で保有しています。NISA口座の場合、配当金への税金は外国源泉徴収税10%のみが適用されます。このため、手取りでは3.6%が目標になります。

 

私の利用しているSBI証券では、NISA口座で米国ETFの購入は取引手数料がゼロになります。こういうサポートがあると、手動積立がしやすいので助かっています。

 

 

 

 

運用状況(2018年4月末)

ポートフォリオ組入候補

米国ETF投資のポートフォリオは次の銘柄で構成しています。軸にしている銘柄は「iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)」です。

 

構成銘柄

 

 

購入したもの

・PFF - iシェアーズ米国優先株ETF
・HDV - iシェアーズ・コア米国高配当株ETF

 

4月の購入銘柄は、PFF、HDVの2銘柄です。

 

SBI証券では「ついに来た!米国株式・ETF定期買付サービス」の様に定期買付サービスを実施しています。

 

NISAであれば手数料は無料ですので、積立派は積極的に活用していきましょう。特定口座の場合は手数料が必要ですので、投資額との相談ですね。

 

設定方法については、「米国株・ETF定期買付サービスの設定をしてみた」で紹介しています。よろしければご覧ください。

 

 

売却したもの

なし

 

 

 

ポートフォリオ

4月末現在のポートフォリオは以下の通りです。PFFだけでなく、VYM、HDVといった高配当ETFの比率が徐々に増えています。

f:id:mixnats:20180513120622p:plain

 

4月末時点の予想分配金利回り
4.21%(税引き前)
前月比+0.16ポイント

 

 

※予想分配金利回りは、2017年分配金実績と取得金額を円換算したものから計算しています。

 

 

 

まとめ

 

高配当ETFが徐々に積み上がってきています。PFFの分配金だけでなく、VYM、HDVの配当も楽しみにできる水準にまで来ています。次の分配金が楽しみでしかたない 

 

 

 

 

関連記事

住信SBIネット銀行で外貨積立を行う際の為替コストが引下げられました。米ドルなら1USDあたり2銭!。SBI証券を使っているなら、住信SBIネット銀行から外貨を調達したいですね。

www.mixnats.com

 

 

米国個別株式に興味はあるけど手元資金が少ない。そんな方にも始められるサービスがOne Tap BUYです。わずか1,000円から出来るので、お小遣い制の方でも少し節約すれば始められますね。

www.mixnats.com

 

 

ウェルスナビはロボ一任で米国ETFの運用をしてくれるサービスです。2月より本家ウェルスナビでは初期投資額が10万円と引下げられ、簡単にお試しできる環境になってきています。

www.mixnats.com